風俗求人からのお知らせ

風俗のバイトあるある~オナクラ編~

オナクラあるある

【発情する奥様たち 梅田店店長】からちょっといい話!

10代の女の子に人気の風俗のバイト

2000年代から秋葉原を中心に人気を集めたJKリフレ。その影響もあってか、高校を卒業したばかりの女の子が風俗のバイトを始めるケースが増えてきています。そうはいっても、ソープランドやデリヘルなどの一般的な風俗という訳ではありません。未経験者でも始めやすいソフトサービスを売りとしたオナクラなどが中心となります。さらにオナクラなどのソフト風俗で働く若年層の女の子の特徴として、実家住まいという点も挙げられます。風俗のバイトという特殊な仕事内容で、他人には働いていることが最もバレたくないとも言える職種に対して、両親と一緒に暮らしているというのは考えづらい環境ですよね。どうやら現代の若年層の女の子にとっては、風俗のバイトに対する考え方が以前と変わりつつあるのかもしれません。そこで、今回はオナクラで働く女の子に実際にインタビューした内容を紹介したいと思います。中には読者の感覚とは掛け離れたものもあるかもしれませんが、これこそが現在の若年女性のリアルな風俗のバイトに対する感覚だと思って読んでみてもらえば、大変興味深いと思いますよ。

きっかけは高校時代のアルバイト

普段は女子大生として大学へ通い、実家に暮らしながらオナクラでバイトをしているハルカさん、19歳。彼女の家はごくごく普通の一般家庭で、特にお金に困っている訳では無いけれど、もともと興味があって自ら求人募集に応募をしたそうです。

——そもそも、なんで風俗のバイトをしてみようと思ったんですか?

「高校生の時から風俗のバイトには興味があったんですよね。渋谷とかにいてもトラックが音楽を流して走ってたりするじゃないですか。それに満喫に行けばフリーペーパーもあるし。最初は友達ともトラックとか走らせて意味無くないってバカにしてたんだけど、毎月遊ぶお金がお小遣いじゃ足りないから、なんか楽に稼げるバイトを探してたんですよね。その時に、別の友達からJKリフレが楽に稼げるからいいよって教えてもらったんです。それで秋葉原に行って試しに働いてみたんですけど、1日で2万円も稼げたんですよね。ちょっとパンツ見せただけで2万円ですよ。それからはお金が無くなったら秋葉原に行くって感じです。私たちの中では秋葉原は銀行って呼んでましたよ。」

——高校生が1日に2万円稼げたら良いバイトですよね。けど、エッチなことを強要されたり、恐い経験とかしなかったんですか?

「お客さんとは全然無いですよ。そもそも会話が禁止だったんで。それよりもお店の人の方が恐かったですね。会う度にもっと稼げる仕事あるよって言ってきて。それ、絶対に風俗のバイトだろって思ってました。別に今でもオナクラで働いてるくらいだから気にしないんですけど、ウリやってる友達もいたし。けど、当時は1日で1万円~2万円稼げれば十分だったので、リフレしかしませんでしたね。」

そもそも風俗のバイトという意識が無い

——その後、どういう経緯でオナクラで働くようになったんですか?

「大学に入ったら、高校時代よりももっとお金が掛かるようになったってだけです。洋服代とか化粧品にもこだわるようになったし。それにもうJKでもないですからね。リフレに近い風俗がオナクラだっていうことは知っていたので、ネットで調べて応募しました。」

——すごいシンプルな話なんですね。

「逆に、他にあるんですか?」

——いえ、もっと悩んだり不安でなかなか応募に踏み切れないとかあるのかなと思ってたので。

「それってデリとかの風俗の話ですよね。私はオナクラなんで。それでも3時間で2万円以上は稼げるので、時間を見つけて働いてますね。基本的に学校に行って用事が無い時はバイトに行くって感じです。」

——オナクラのバイトってどんなことをするんですか?

「人にもよりますけど、私の場合はお触りNGの手だけです。リフレの時から思ってましたけど、男の人ってあんなのによくお金払いますよね。箸でつまんだり、筆でくすぐったり。『変態って言ってください』って言われた時は笑うのを我慢するのに大変でしたよ。」

——世の中には色んな人がいますよね。嫌なこととかは無いんですか?

「全然無いですよ。お客さんも優しい人が多いし、サラリーマンって大変なんだろうなって思います。お店のスタッフも良い人しかいないから居心地良いですよ。ご飯にも連れて行ってもらえますしね。」

——実家暮らしということですけど、ご両親はバイトのことは知ってるんですか?

「バイトをしてることは知ってますけど、オナクラってことは知らないです。隠してる訳じゃないですけど、風俗で働いている訳じゃ無いし。親も聞いてこないから、言う必要も無いかなって思ってます。」

今時の女の子の価値観

途中ではありますが、いかがでしたでしょうか。十分に感覚の違いがお分かりになったのではないでしょうか。最近の女性にとってはオナクラ程度では風俗のバイトという意識が無いようで、だからこそ親に隠すという意識も無いようです。だから実家暮らしでも平気なんですね。こうなってくると男女の関係に対しても価値観が変わってきますよね。少し前に話題になった「キストモ」なんていうのも自然の流れなんだなと感じます。今時の女の子にとってはキスくらいは浮気では無いんです。男性にとっては良い時代になりましたよね。重要なのは入れたかであって、フェラくらいは浮気じゃないんですよ。なんだかキスが挨拶である欧米の文化を一足飛びに抜いて、フェラは挨拶なんて日も遠くなさそうです。しかし、その分セックスに対する重みが増してハードルが高くなるかもしれませんね。若い女性と関わることの多い人であれば、既にこのような価値観の変化に気付いているのかもしれませんね。2020年のオリンピックに向けて、何かと暗い話題の多い風俗業界ではありますが、まだまだ波乱が待ち構えている目の離せない業界だと思いますよ。

お知らせカテゴリー一覧
月別の過去記事
最新の記事5件

どうぞお気軽にお問い合わせください 0120-472-781 受付時間 9:00~23:00 年中無休メールでのお問い合わせはこちら