風俗求人からのお知らせ

夏真っ盛りなんで『日焼け』『紫外線』について

夏真っ盛りなんで『日焼け』『紫外線』について

最近日差しが本当に強いですよね。そこで心配なのが『日焼け』(;´Д`)
そもそも、紫外線には大きく分けて2種類あるのをご存知でしょうか?

  • UVB
  • UVA

それに対して、

  • SPF
  • PA

の2種類の表記があります。まずは紫外線のお話からいきましょう。

紫外線の1つ、UVBとよばれるもの。
これは、お肌の表面に近い浅い部分への影響が大きいものです。
例えば、長時間日光を浴びた後に、お肌が赤くなってしまうことってありますよね?
これが、UVBによる影響。
いわゆる急性の炎症のような症状を引き起こします。
これにより、『メラニン色素』が作られ、色素沈着することにより『シミ』『そばかす』の原因になっていきます。

そして、もう一つが、UVAとよばれるもの。
これは、お肌の表面より少し深い部分、『真皮層』まで届く紫外線。
この紫外線は、UVBほどの急激な炎症症状は起こしませんが、じわじわとお肌に影響を及ぼします(゚ω゚;ノ)ノ
UVAが徐々に蓄積されると、お肌のコラーゲンやエラスチンを破壊して、『しわ』『たるみ』の原因になっているんです。しかもこのUVA
オゾン層を通り抜けやすく、常時、紫外線B波(UVB)の20倍以上も地上に降り注いでいるんです。
また、雲や窓ガラスを通り抜けやすいという性質なので、曇りの日も日当たりの良い家の中でも対策が必要なんです(>_<)

そして、日焼け止めの種類との関連。
まずは、SPF。
SPFは主にUV-B(紫外線B波)の防止効果を表す目安の数値です。紫外線が当りだしてから日焼けしてしまうまで、だいたい15分~20分と言われています。
この20分で日焼けするのを遅らせること=1SPFとします。

残念ながら日焼け止めを塗ったからといって100%紫外線が防げているわけではないことは頭に入れておいてください。

次にPAは主にUV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値です。+の多さがUV-Aに対する効果の高さを示します。4段階があり下記のように設定されています。

PA++++ 極めて高い効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+ 効果がある

UVAで特に気にして欲しいのは、春・夏以外でも「そこそこ降り注いでいる」ということ。
ということは・・・年中、しわ・たるみの原因がすぐそばにある!!

日焼け止めにも色々な種類はありますが、常にSPF50を塗ればいいということではありません。

お肌も、常に何かお肌にとって良くないものを塗られている状態は良くないですから。

ですので、その日は
・どのくらい日光に当たるのか?
・季節はいつなのか?
などを考えて日焼け止めを選んでください。

また、日焼けをした後は、しっかりたっぷり保湿!!!

このようなことに気をつけながら、夏を、そして夏以外の紫外線への対策をしましょう!!!

お知らせカテゴリー一覧
月別の過去記事
最新の記事5件

どうぞお気軽にお問い合わせください 0120-472-781 受付時間 9:00~23:00 年中無休メールでのお問い合わせはこちら